本文へ进みます

如果「红色DOT奖」「红点」」受赏〜当社产业用作ロボットは初受赏〜

2021年4月14日発表

 ヤマハ発動機株式会社の産業用ロボット(搬送システムのリニアコンベアモジュール)「LCMR200」とフロント二輪のコミューター「TRICITY300」が、国際的に権威のあるドイツのデザイン賞「iFデザインアワード」と「Red Dot Award: プロダクトデザイン2021」を受賞しました。当社製品のiFデザインアワードの受賞は8年連続、Red Dot Awardの受賞は10年連続です。またiFデザインアワードとRed Dot Awardともに、当社の産業用ロボットが受賞するのは初めてです。

 「LCMR200」は、高速で高精度な動きを実現するリニアモータとワークを載せて搬送するスライダからなる、モジュラー構造のリニアコンベアです。独立動作するスライダ上で組立作業しそのまま搬送できるので、スペース効率を大幅に向上、高い生産性を実現します。ライン構築の自由度が高く、迅速に生産変更が可能です。なお、省配線化したモータドライバ内蔵の薄型一体構造のモジュール本体は、アルマイト処理したアルミニウム製で、周辺の工場設備と美しく調和します。

 「TRICITY300」は、“The Smartest Commuting Way”を商品コンセプトに開発し、当社独自のLMW※1ををたフロント2轮の300ccコミューターです。我的右臂(ビジネスを支えてくれる右)“とし,lmwテクノロジー※2をデザインに活かす,フロントフロントの三角形,立lmw机构が稼働い。さらにlmw机构が稼働する。さらにlmw机构が稼働する范囲に空空设けることで感演出,ライダー中心のマス集サイドビュー·サイドビューサイドビューでの“ハ”の字スタンスにより,lmw特有の张踏ん感织り込みましたた。

 「iFデザインアワード」は、ドイツ・ハノーバーを拠点とする「The iF Design Foundation」が主催し、毎年、全世界の工業製品等を対象に優れたデザインが選定されています。
 「Red Dot Award」は、ドイツの「Design Zentrum Nordrhein Westfalen(ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター)」主催による世界的なデザイン賞です。
 いずれも世界3大デザイン賞のひとつに数えられています。

※1 lmw:倾斜多轮。
※2 lmwテクノロジー:平行な上下2本のアームでで成するパラレログラムををたサスペンションと构で感とと安定の両立感するする感のに贡献するする。


[ヤマハ発动机デザインデザインサイト]
//www.dermesropian.com/jp/profile/design/awards/

ページ
先头へ