本文へ進みます

詳細本文

レースに関連する広報発表資料をご覧いただけます。

2007年雅马哈レースリリース
カタールテスト初日,ヤマハ・ファクトリー・レーシングが上位独占 2007年2月13日
イメージ
イメージ

 ヤマハ・ファクトリー・レーシングは、開幕をひかえ、残すところわずかな調整の機会となるテストに臨んだ。カタールのロサイル・サーキットには、MotoGPクラスのライバルたちも顔を揃えた。3週間後に迫った開幕戦がここロサイルで行なわれるため、今年3度目となる今回のテストはこれまでで最も重要なものとなる。マレーシアで2度のテストを成功させたあと舞台を移したことで、新型800ccマシンの異なるコンディションでの状態を見るための絶好のチャンスとなった。またV・ロッシとC・エドワーズにとってはライバルたちとの比較も重要な課題であった。結果、新型800ccマシンは昨年までの990ccマシン同様に速くなってきていることが改めて証明された。昨年の大会で優勝したロッシが持つ現行のラップレコードを、5人のライダーが更新したからだ。ヤマハ・ファクトリー・レーシングのふたりが1-2を独占し、エドワーズが1分56秒774でトップ、ロッシもコンマ1秒差の1分56秒891で2位につけた。3位はC・ストーナー(ドゥカティ/1分56秒960)。


C・エドワーズ選手談:(1位56.774 / 67周/ 1 ')

イメージ

 「セパンで非常に充実したテストを行なった後、すぐにここへやって来た。そしてここでもとても良い状態でテスト・スケジュールをスタートさせることができた。でも何もかも完璧というわけではなかったんだ。というのも、セパンで見つけた、僕が超ハッピーだと感じたフロントタイヤが今回は調達できなかったからで、午前中のセッションでは何かが足りないというような感じがしていた。それでもセッティングをいくつか変更してみると、最終的には一定の答えが出た。ラップタイムは確かに素晴らしかったが、改良の余地はまだある。明日はまた別のタイヤやパーツがいくつか届くことになっているので、成果が期待できるだろう。いずれにしても、場所を変えても初めから好調に走れることがわかったことは大収穫。シーズンを通してずっとこうなることを願いたいね!セパンではブレーキング性能について多くの時間を使って取り組んだ。そしてここでは、まったくその問題が発生しなかった。おそらく解決できたのだろう。様々な面で、とても建設的なテストができた一日だ」

V・ロッシ選手談:59(2位/周/ 1的56.891)

イメージ

 「開幕戦が数週間後にここで行なわれるというのだから、今回はとても重要なテストだ。だからその開幕戦に向けて準備を整えるために、チーム一丸となって頑張っている。今日の仕事の進行には非常に満足していて、初めから速く走れたし、サーキットが変わっても好調を維持できることがわかったことは意義深い。セッティングの面ではさらにいくつか改善していて、またミシュランタイヤについても取り組んでいる。ここはタイヤに負担のかかるサーキットなので、開幕戦までにしっかりと準備を整えておかなければならない。マシンのフィーリングは最初からとても良くて、乗りやすい。チャターもないし、その他の問題も特にない。このことを考えると、去年の今頃よりも良い位置に来ていると言えるだろう。今日はコーリンがとても速くて、実際に僕よりちょっとだけ速かったんだ!これは僕らのマシンがいかに素晴らしいかを証明しているので、僕としてもハッピーだ。もちろん、まだ改良すべきところはあるので、残りの2日間も一生懸命に仕事を続けるよ」

D・ブリビオ,チーム監督談:
 「良いスタートが切れた。というのもふたりともとても速かったし、マシンもこのサーキットでよく走ってくれている。とは言え、このあとの2日間でライバルたちも調子を上げてくるだろうから、ここで自己満足をしているわけにはいかない。さらにハードワークを続けてこのまま好調を維持できるよう頑張っていく」



非公式タイム


順位 選手名(国籍) マシン タイム
1 C・エドワーズ(アメリカ) 雅马哈 1的56.774
2 V・ロッシ(イタリア) 雅马哈 1的56.891
3. C・ストーナー(オーストラリア) 杜卡迪 1的56.960
4 K・ロバーツ(アメリカ) 团队的基米-雷克南 1的57.064
5 N・ヘイデン(アメリカ) 本田 1的57.070
6 J・ホプキンス(アメリカ) 铃木 1的57.350
7 L・カピロッシ(イタリア) 杜卡迪 1的57.360
8 C・チェカ(スペイン) 本田 1的57.370
9 一个・バロス(ブラジル) 杜卡迪 1的57.690
10 D・ペドロサ(スペイン) 本田 1的57.700
11 R・ド・ピュニエ(フランス) 川崎 1的57.730
12 M・メランドリ(イタリア) 本田 1的57.760
13 一个・ホフマン(イギリス) 杜卡迪 1的57.800
14 中野真矢(日本) 本田 1的57.850
15 C・バーミューレン(オーストラリア) 铃木 1的57.900
16 玉田誠(日本) 雅马哈 1的58.408
17 O・ジャック(フランス) 川崎 1的58.740
18 T・エリアス(スペイン) 本田 1的59.400
19 年代・ギュントーリ(フランス) 雅马哈 1的59.700
20. 伊藤真一(日本) 普利司通测试 1的59.966
21 一个・ピット(オーストラリア) Ilmor 2》01.667
22 j .マクウイリアムズ(アイルランド) Ilmor 2》10.341

ラップレコード(990 cc): V・ロッシ(雅马哈)2006年的57.305
ベストラップ(990 cc): C・スト——ナー(本田)2006年的55.683


ページ
先頭へ