本文へ进みます

详细本文

レースに关键词する発表をご覧いただけます。

2010年yamahaレースリリース
petronasアジアロードレース选手権第2戦日本大会
「Yamaha Asean Camper」「││││
タイのチャロンポン选手とデチャ选手がss600ccクラスで1位·2位
2010年5月24日

 オートポリスインターナショナルレーシングコース(大分県日田市)にて、「九州モーターサイクルフェスタ」が開催。全日本ロードレース選手権第3戦とPETRONASアジアロードレース選手権(以下ARRC)第2戦日本大会が併催された。ARRCには、ヤマハ発動機株式会社とASEAN各国のヤマハ現地法人が共催する国際ワンメークレース「YAMAHA ASEAN CUP RACE」への参戦経験を持つライダーが多数出場した。

 5月22日(土)には決勝・1が行われ、21台のエントリー中19台をヤマハYZF-R6が占めるスーパースポーツ600ccクラス(以下SS600ccクラス)では、タイヤマハモーターが運営する「ペトロナス・ヤマハ・タイランド」のチャロンポン・ポラマイ選手とデチャ・クライサルト選手がチームメイト同士でトップ争いを繰り広げ1位・2位を獲得した。
 アンダーボーン115ccクラス(以下UB115ccクラス)は、22台中14台のヤマハ車がエントリー。レースは1周ごとにトップが入れ替わる大接戦となり「ペトロナス・ヤマハ・タイランド」のチャノン・チュムジャイ選手がファステストラップを獲得するなど好走し、トップからコンマ4秒差の3位に入って、自身初の表彰台を獲得した。なお決勝・2が開催される予定だった23日(日)は、九州各地における大雨洪水警報、および会場周辺は大雨注意報の発令により全レースが中止となった。

 「YAMAHA ASEAN CUP RACE」は、ASEAN地域においてモータースポーツの振興・普及や、青少年育成、社会貢献を目的に、2003年から当社とASEAN各国のヤマハ現地法人の共催によりスタートした4ストローク・スポーティーモペットによる国際ワンメークレース。近年は「YAMAHA ASEAN CUP RACE」とサッカー大会「YAMAHA ASEAN CUP U-13 FOOTBALL」を合わせ、YAMAHAブランドのイメージ強化を兼ねた当社のASEAN地域におけるシンボル的な活動として実施している。
 「YAMAHA ASEAN CUP RACE」を通して経験を積んだライダーのなかには、その後も各現地法人が運営するチームなどに所属し、さらなるステップアップを目指してレース活動を行っている。そのひとつがARRCで、直近の2009年は「YAMAHA ASEAN CUP RACE」への参戦経験を持つライダーがSS600ccクラスでランキング1位・2位、UB115ccクラスでも2位を獲得し、「YAMAHA ASEAN CUP RACE」がライダーの育成に貢献していることを証明した。
 次回のARRC第3戦はインドネシアにて、7月24~27日に開催される。



イメージ

SS600CCクラスクラスで,21台中19台のヤマハyzf-r6がエントリーし,好スタートを见せた

イメージ

チームメイト同士で激しいバトルを展开着したチャロンポン(#1)とデチャ选手(#24)

イメージ

第1戦に続き2胜目を挙げたチャロンポン选手(中间)と,今季初表彰台のデチャ(左)

イメージ

UB115クラスで自身初表彰台を获得见せるチャノンシャンパンファイトを见せるチャノンチャノン



チャロンポン·ポラマイ选手谈(SS600CCクラス1位/中间):
 「決勝・1はライバルたちが非常に速く難しいレース展開だった。序盤はとにかく前のデチャ選手に食らいついていくことに全力を尽くして走った。中盤以降は差が縮まり、チャンスを生かして前に出ることができたが、デチャ選手も譲らず何度も順位を入れ替える接戦になった。終盤にトップに立ってからは“自分が勝つんだ”と信じて走ったが、それがこの結果につながったと思う」


デチャ·クライサルト选手谈(SS600CCクラス2位/中止):
 「練習の際に転倒して左手を負傷していたこともあり走りにくいところがあった。100%のコンディションではなかったが、優勝のチャンスがあっただけに、2位という結果には満足していない。決勝・2は決勝・1のリベンジをするためにももっと速く走らなければならないと気合いが入っていたので、中止となり残念だ」


チャノン·チュムジャイ选手谈(UB115CCクラス3位/中间):
 「決勝・1はとても大変だったが楽しい戦いだった。特に自身初となる表彰台に立つことができ本当にうれしい。これもヤマハをはじめ多くのスポンサーのおかげであり、心から感謝している」



2010年Petronasアジアロードレース选手権2戦日本大会结果


スーパースポーツ600ccクラス·1
■开催日:2010年5月22日(土)■天候:昙り
■コンディション:ドライ
■均:12‰(56.088km)
■PP:Decha Kraisart(ヤマハ/ 1分59÷295)
■FL:Chalermpol Polamai(ヤマハ/ 1分59秒059)


顺位 ライダー名 チーム名 マシン タイム
1 Chalermpol Polamai. Petronas雅马哈泰国 雅马哈 23'58.044.
2 Decha Kraisart. Petronas雅马哈泰国 雅马哈 +0.146
3. 格伦·亚斑块 红色雄鸡赛车 雅马哈 +0.457
4. Toshiyuki Hamaguchi. Moto-Rev印度 雅马哈 +2.313.
5. Doni Tata Pradita Yamaha Indoprom HRVRT. 雅马哈 +12.493
6. MD Zamri Baba. Petronas雅马哈马来西亚 雅马哈 +22.902


アンダーボーン115ccクラス·1
■开催日:2010年5月22日(土)■天候:昙り
■コンディション:ドライ
■周回数:9周(27.198km)
■PP:FITRIANSYAH KET(ヤマハ/ 1分33秒048)
■FL:Chanon Chumjai(ヤマハ/ 1分34送605)


顺位 ライダー名 チーム名 マシン タイム
1 哈迪wijaya Kawasaki NHK Rextor MTR Manual Tech 川崎 14'26.568
2 诺里兹曼伊斯梅尔 Harian Metro Sck Honda Racing 本田 +0.426
3. Chanon Chumjai. Petronas雅马哈泰国 雅马哈 +0.431.
4. Denny Triyugo. 雅马哈前1个FDR 雅马哈 +0.601
5. Prawat Yannawut. Petronas雅马哈泰国 雅马哈 +0.917
6. FITRIANSYAH KET. 骑自行车的人印度尼西亚BRT赛车 雅马哈 +0.983

ページ
先头へ