本文へ進みます

詳細本文

ヤマハ発動機のレースに関する広報発表資料をご紹介します。

AMAモトクロス選手権250 mxフェランディス選手が自身初のチャンピオンを獲得,スーパークロスとの2冠を達成

2020年10月12日

图像

 2020年10月10日(土)、「Monster Energy/Star/Yamaha Racing」からAMAモトクロス選手権250MXにYZ250Fで参戦する#14ディラン・フェランディス選手が、カリフォルニア州のパーラで行われた最終戦の第9戦FOXレースウェイで2位/5位(総合3位)を獲得して自身初となるチャンピオンに輝くと同時に、AMAスーパークロス250SXウエストに続き2冠を達成しました。

 2020シーズンは当初5月からの開催を予定していましたが、新型コロナウイルス感染症の影響で延期され8月に開幕。大会数も例年の12大会24レースより少ない、9大会18レースで行われました。フェランディス選手はYZ250Fとともに、開幕戦の両レースで優勝しスタートダッシュに成功。第3戦までランキングトップを守っていましたが、第4戦で表彰台を逃し、ライバルのJ・マーティン選手(ホンダ)に逆転を許します。それでも第6・7戦の4レースで4連勝し逆転すると、第8戦では総合2位とマーティン選手に18ポイント差をつけて最終戦を迎えました。

 最終戦はMoto1で2位としマーティン選手との差を22ポイント差に拡大。続くMoto2はマーティン選手が優勝しましたが、フェランディス選手は転倒があり9番手から追い上げになったものの確実に挽回して5位でチェッカーを受けると、優勝8回、2位3回、3位3回、トータル390ポイント獲得し、自身初となる250MXでのチャンピオンを獲得し、250SXウエストとの2冠を達成しました。

 また、チームメイトの#12シェーン・マクエラス選手が、優勝1回、2位1回、3位2回でランキング3位、#32ジャスティン・クーパー選手が優勝1回、2位3回、3位2回でランキング5位を獲得。YZ250Fを駆るヤマハライダーが大活躍のシーズンとなりました。



图像

ディラン・フェランディス選手談
“このAMAモトクロス選手権でのチャンピオン獲得により,また一つ目標が達成されました。そのために多くの努力をしてきましたが,決して簡単なことではありませんでした。同じ年にスーパークロスとモトクロスの両方でチャンピオンになったことは,自分でも想像していなかったので,とても素晴らしい気分です。最終戦は家から近いカリフォルニアでレースができました。残念ながら,コースはライディングにはタフなコンディションでしたが,Moto1ではフィーリングが良く2位を獲得してチャンピオン獲得に向け大きなアドバンテージを作ることができました。Moto2では転倒して9番手まで順位を落としましたが,そこから挽回し最後は余裕を持って走ることができました”

ウィル・ハーン,チーム・マネジャー談
“今日は素晴らしい1日となりました。フェランディス選手のチャンピオンを獲得など,チーム全体にとってすばらしいシーズンの締めくくりとなりました。関係者,ライダー,クルー,スポンサーに感謝しています。みんなが一生懸命働いてくれて,その努力が実を結んだのです”

ページ
先頭へ