本文へ进みます

详细本文

ヤマハ発动机ののに关键信息発表资料をご绍介ます。

MotoGP世界选手権カタールテスト,2日目を终了しクアルタラロががトップ,ビニャーレスビニャーレス総合7番手

2021年3月8日

图像

3月6日(1日目)
初日,ヤマハ势トップはモルの7番手,ビニャーレスがこれに続く9番手
クアルタラロとロッシがそれぞれ新闻

 待ちに待った新シーズンがついにスタート。数カ月間のオフシーズンを終えた「Monster Energy Yamaha MotoGP」は6日、シーズン最初の走行に臨み、マーベリック・ビニャーレスとファビオ・クアルタラロが2021年型YZR-M1の感触を確かめながら走行、それぞれ9番手と15番手でテスト初日を終了しました。
 ビニャーレスはリズムをつかむことに集中し、フィーリングを確認しながら合計51ラップを走行。33ラップ目に1分55秒259の最速ラップを記録してトップに0.572秒差の9番手を獲得しました。
 今シーズンからファクトリーチームに加わったクアルタラロは、Monster Energy Yamaha MotoGPデビューを待ち焦がれていました。新たな環境で迎えたテスト初日は、7時間に及んだセッションのなかで合計69ラップを走破。35ラップ目に記録した1分55秒707がベストとなり15番手につけ、トップからは1.020秒差でした。

 ロサイル・インターナショナル・サーキットの砂嵐に出迎えられた「Petronas Yamaha Sepang Racing Team」。そのテスト初日、フランコ・モルビデリは7番手、バレンティーノ・ロッシは同チームでの初走行を14番手で終えました。
 路面コンディションの回復を待って、スタートから1時間半後にコースインしたモルビデリ。早々にトップ10に入った後は、新エンジンで走行距離を積み重ねながら合計61ラップを走り切り、トップに0.487秒差と迫る1分55秒174を記録して7番手を獲得しました。
 一方のロッシは、Petronas Yamaha SRTカラーのYZR-M1で初めてのライディングを披露し、7時間のセッションのほとんどでモルビデリとともにトップ10につけていました。合計54ラップの走行のなかで新型シャシーを試し、最終的には1分55秒584のベストラップで14番手。トップとの差は0.897秒でした。

カタールテスト1日目(3月6日)结果
顺位 ライダー チーム マシン タイム
1 一个·エスパルガロ Aprilia赛车队Gresini 四月 1'54.687.
2 s·ブラドル 本田测试团队 本田 1'54.943.
3. J·ミル Tteam Suzuki Ecstar. 铃木 1'54.980
4. J·ミラー 杜卡迪联想队伍 杜卡迪 1'55.022
5. m·オリベイラ 红牛KTM工厂赛车 KTM. 1'55.084.
6. J·ザルコ 普拉姆克赛车 杜卡迪 1'55.110
7. m·モルビデリ Petronas Yamaha Sepang赛车队 雅马哈 1'55.174
9. m·ビニャーレス Monster Energy Yamaha MotoGP 雅马哈 1'55.259.
14. v·ロッシ Petronas Yamaha Sepang赛车队 雅马哈 1'55.584.
15. F·クアルタラロ Monster Energy Yamaha MotoGP 雅马哈 1'55.707

カタールレコードラップ:j·ロレンソ1分54送927(2016年)
カタールベストラップ:m·ビニャーレス1分53秒546(2019年)




3月7日(2日目)
クアルタラロが2日目にににトップへ,ビニャーレスは7番手に浮上
モルビデリとロッシは,4番手と20番手で2日目を终了

 「Monster Energy Yamaha MotoGP」は、MotoGPオフィシャルテストの2日目を迎え、クアルタラロとビニャーレスが7時間のセッションを利用してマシンのフィーリング向上を目指し、ラップタイムではそれぞれトップと7番手を獲得。2日間の総合でも同順位となっています。
 クアルタラロは最初の数ラップでリズムを掴むと、テストプログラムを着実に実行。終盤でタイムアタックに挑み、59ラップ中52ラップ目に、参加ライダーで唯一、54秒台の壁を破る1分53秒940を記録してトップに浮上しました。そのまま最後まで順位をキープし、2番手に0.077秒差をつけてこの日の走行を終えています。
 チームメイトのビニャーレスは、2021年型YZR-M1に合わせたライディングスタイルの追求に集中。気温が下がりはじめた時間帯に第2コーナーで小さなクラッシュもありましたが、怪我はなく、その後も走行を継続し、全66ラップ中55ラップ目で1分54秒395のベストラップを記録して総合7番手となりました。トップのクアルタラロとの差は0.455秒でした。

 コンディションが向上したロサイル・インターナショナル・サーキットでテスト2日目に臨んだ「PETRONAS Yamaha Sepang Racing Team」。モルビデリは一時、トップに立ったあと4番手でセッションを終了。チームメイトのV・ロッシは20番手となりました。
 モルビデリはセッション開始から2時間ほどで前日のタイムを更新。合計63ラップを走行し、そのなかでリアエンドのセッティングをテストして安定性向上を追求したほか、セッション終盤ではスタートのための改良型デバイスを試しました。最終的にはトップに0.213秒差の1分54秒153で4番手を獲得しています。
 チームメイトのロッシは前日に引き続き、2台のYZR-M1を乗り比べてシャシーの感触を確認したほか、リアグリップの向上に取り組みました。風が弱まり、前日よりもコンディションが改善されたなかでテストに集中したロッシは、タイムアタックは行わず、全50ラップのなかで1分55秒708を記録して20番手でした。

 テストはこのあと2日間のインターバルをはさみ、現地時間10日の14:00に再開。そこからさらに3日間のスケジュールが予定されています。

カタールテスト2日目(3月7日)结果
顺位 ライダー チーム マシン タイム
1 F·クアルタラロ Monster Energy Yamaha MotoGP 雅马哈 1'53.940
2 J·ミラー 杜卡迪联想队伍 杜卡迪 1'54.017
3. 一个·エスパルガロ Aprilia赛车队Gresini 四月 1'54.152
4. F·モルビデリ Petronas Yamaha Sepang赛车队 雅马哈 1'54.153
5. s·ブラドル 本田测试团队 本田 1'54.210
6. J·ザルコ 普拉姆克赛车 杜卡迪 1'54.356.
7. m·ビニャーレス Monster Energy Yamaha MotoGP 雅马哈 1'54.395.
20. v·ロッシ Petronas Yamaha Sepang赛车队 雅马哈 1'55.708.

カタールレコードラップ:j·ロレンソ1分54送927(2016年)
カタールベストラップ:m·ビニャーレス1分53秒546(2019年)



ページ
先头へ