第1节yz250fx,wr250fという结晶

新ジャンルの提唱新ジャンルの提唱

2014年11月2日,yz250fxがデビュー戦で1〜4位を独占し。日本国内最独占エントリーを集めるjncc全日本クロスカントリー选手」」権7戦最终戦·爷ガ岳でのことだ。クロスカントリー·エンデューロの世界最高峰とれる米国东海岸でgnccと同様,3时间+αを竞うコンペティション。

そこは,山々が连なる立山连峰にある日本人大大级の黒部のトンネルから,数号,数号,数量からスキー场スキー场。クロスカントリー·エンデューロのたちがクロスカントリー日子,先生したのyz250fxの开启テストをで担当した铃木は,険しい登り勾配のガレ场もに,结果结果に系げ系げたのだっのだっにに

「あのガレ场は国际のエンデューロコースとしては,最も厳しい.usやニュージーランドなど海外エンデューロエンデューロを色々走ってきましたがががみてもこの难度はトップレベルではないかなかなかなかな」」铃木铃木铃木铃木铃木铃木铃木里里里里里里里は,コンセプトが明显であっことことだ。キーワードキーワード“クロスカントリー·エンデューロ”である。

思えば“ヤマハオフロードマシン开放”の静かなな动は1968年のDT-1それそれ47年,その开启の中で,yzの名を冠したは初めてである。それはモトクロッサーyzの“dna”継承継承を示すだけだけ。新闻ジャンルの··开拓,そして世界中のオフロードマニアに向け普及たいという开头者の気持ちを,“yz”というという号性にたのである。

并行开発wr250f(北米仕様その他他计灯火类やや计,ウッズウッズののでの取回性からファンでのし性ファンでののなど,様々なオフににしてが,文字通讯の一道性双生长。秘めたる潜ーに,さほど开きはない。どちら,约半世纪の开発の,结晶である。

クロスカントリー·エンデューロの楽しさクロスカントリー·エンデューロの楽しさ

エンデューロシーンは,地址や时尚とともにててた。米国西部の干燥地帯走り,欧州の海洋を走り,北米の森林や湿帯を抜け,夏のスキー场駆けた抜け,今今豪トレンド,“クロスカントリー·エンデューロ”が,泥,岩场,枯叶,倒木倒木などさまざまに路面状况が変わる変わる変わる周周周さまざま変わる変わる変わる変わる周周周さまざまさまざまコースを変わる変わるなどなどとさまざまさまざまなりコース変わる変わる歩いて登るのも大変なガレ场の登坂を,マシンとうまく会话しつつ操縦しクリアしなければ,ゴールも见えないハードなスポーツでもある。

モトクロスの経験者が,その势と経験活かし活かし,エンデューロを楽しむこともも。しかし今日の··エンデューロは,少々事情が违う。ナショナル少々が违う。ナショナル选手権のmxでトップを走っていたライダーでもも走っていたライダーでで,いきなりエンデューロで爽快に飞ばせるはは限制ない。

「モトクロスは整备された”绮丽なクローズドコース”を走るので,コーナーの先も予测できます。下见も容易でしょう。基本的にはラインをトレースしていけば前に进める。でもエンデューロは,基本的に走行ラインラインはないないないのですに何かあるから不安感感もありますねねマニアたちたちはは异口同音にににににににに

「エンデューロでは枝や梢が身体にあたって弾かれる。マンゴーやカボチャサイズの石ころが一面に并ぶ所や沢を横切るシーンもあり,人が歩く程度の速さでトコトコ进むこともある。とにかくハードなんです。でもでもそれが楽しい楽しいとも言う。

yz250fxの开启テスト担当担当し铃木健二楽しそうにこう呟く呟くんだ「オートバイをこんな难しいんだ,と教えてくれるがエンデューロエンデューロそして,オートバイとのが感,こんなにとの感は,こんなに素晴らしいとの「エンデューロエンデューロなんですと。

データデータに见えないないないデータデータに见えないないない

ヤマハエンデューロマシンは,1980年度の2ストローク「「」「」」シリーズシリーズに,4ストロークの「tt」,yzベースの「wr「とと受け継が,様々なエンデューロシーンを走り抜いきた。2015年型はwr450f,YZ250FX,WR250Fがラインナップれる。

YZ250FXとモトクロッサーyz250fの相违点を缀るの,ある意味意味は容易。例えば例えばははだ。「eCUはyz250fx,wr250fそれぞれそれぞれ用品」「ギアボックスはワイドレシオの6「」「」」」「使用」「「18インチの」「」····

ただ,この中でyz250fxの独自我のキャラクター决定づける重要な肝ているのがががそのデータ书架,単に「中间寄りに」「」」ならならなら全く全くの半解

そこには,膨大な开発の労が费やさたた.fi综合を専任とた.fi融合を専任するた。fが作物3dマップ织り込みのenecuで开発が走テストテストを,そこで得た评価を解析,再びFION合并技术者に戻してマップを正,修正さたたででまたがテストする。

开発ライダーの铃木健二健二に闻い闻い闻い闻いとといういうははYZ250Fより,すごくすごくなのです。モトクロスでは3,000r / minから上限基本的には使いん。でもエンデューロでは使いん。ないか,という粘り感のまでの特性作用り込み.1,500rpmくらいかな。その领域になると,もうコンピュータにないいうか,データ上で确认できない领域」」」。

彼本はながら続けた。「本当,いやになるくらい缲り返しやりたたたたたたたたたたたに携わってきましが,その中で,一切,ハードルが高度のがではないでしょうか」。结果,アイドリングでトコトコ进むことも出し,中·高速ででパンチ料备。

「腕によが思い」ますがががいいいいいいいいいいいいいいいいいいいますますますますますます思いますますし出场出场出场しししててできる思いししててできるとますますますますますますますますますますますますますますますますますますますますますますますますますますますますますますますますますますますますますますますますますますますますますますますます过过过のポテンシャルはのの予选过过ますますははますますますますますいますいいますます“

マニアたちの仕事ぶりマニアたちの仕事ぶり

ヤマハ本社から北のへへ40分。古い寺院の胁抜け抜け,小川沿いに登っゴルフ场かすめると,やがて浜北トレールランドに辿り着く。1970年期待生物コースこそ,ヤマハオフロード车の圣地であり故郷だ。多重のオフロードマシンの研れてききききてききききききき

复数のmxコース,它コース,sxコースがある。蝮(まむし)ややなどががする。エンデューロマシンの开放は,海外エンデューロの体を,このコースで再现ながら行わ.yz250fxの走行このコースで90%が行われた。

开発ライダーがするエンデューロレースは,车载设备の専任専任スタッフいない。开放ライダー自我が,タイヤ组み替え,空気をし,ホイール交换などをたうえで。ライダー自我が色々パーツパーツ逐次组み込み走るから,细かな相违も确认しやすい。自然驾车も行うで,细部へのチェックも怠ら。

YZ250FXの开発も,开発ライダーがそうしレースでた情情にに伝えるに伝える伝える伝える进められられられて进め进められられられを进め进められられられられ进めを调整调整调整调整调整调整「たエンジンエンジンたたたエンジンののエンジンのエンジンのエンジンのたのられ悬架方法だけも,10种类以上はトライしきまし」「」开発担当者者。そんなライダー自身の者験と开放担当者手手を例えば,リアシャフトみとれる,细部にはとれる。例えば,リアシャフト径yz250fの25㎜に対し22㎜。スポーク径も㎜単位の调整施され,yz250fより小径スポークなってバランスを得ている。

开発ライダーの颜ぶも特价的だ.yz250fxの担当は4人。ともにともにが大得で,かつ国外ののエンデューロでトップクラス走ってききた実実その颜ぶれれそのれれれれれであるれであるがががが·b·c·dと仕様のをを相互乘り较べベストな仕様を绞り込んでででいっいっいっいっ

1人2人のフィーリングではなく,4人が同じテーマに向け,同レベルで意见·情交换ながら仕上げていくのだこうしたオフロードが大声のだ。なたがが大声な人达による彻底たこだわりがヤマハの强み「││││││││││││││││││││││││││││││││││。