ハンドリングのヤマハ由根本健

マシンを走らせる。
クルマはドライブと呼び,
モーターサイクルはライディングと呼ぶ。
その感覚は馬に例えられる。
五感をフルに使い,心身とマシンがひとつの
有機体となる。

ヤマハには創業以来,守り通されている
技術の基準がある。
それがハンドリング特性だ。
人間の感性に馴染むマシンの自然な応答性である。
ビギナーであっても,レーサーであっても,
その基準は変わることはない。

走る楽しさ,挑戦する歓びを人機一体感の中で味わう。
これがヤマハハンドリングである。