本文へ进みます

详细本文

ヤマハ発动机ののに关键信息発表资料をご绍介ます。

2020年度日本语ロードレース権st600冈本裕生选手が自由2度目となるst600でのチャンピオンを获得

2020年11月2日

图像

 2020年11月1日(日)、三重県の鈴鹿サーキットで開催された全日本ロードレース選手権の最終戦、第52回MFJグランプリで、「51ガレージニトロレーシング」からYZF-R6でST600に参戦する岡本裕生選手が4位となり、2018年に続き自身2度目となるチャンピオンを獲得しました。なお、YZF-R6がST600でチャンピオンとなるのは、今回を含め通算5回目となります。

 新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、わずか5大会5レースでチャンピオンを決める短期決戦となった今シーズン。岡本選手は開幕戦のSUGO大会で後続に大差をつけて独走優勝し、幸先の良いスタートを切ります。続く第2戦は台風の影響で中止となりましたが、第3戦のオートポリスでは2位。続く第4戦もてぎ大会では、ライバルの追撃を振り切って2勝目を獲得し、ランキング2位の小山知良選手(ホンダ)に13ポイント差をつけMFJグランプリに臨みました。

 迎えた決勝で岡本選手は、2番グリッドからホールショットを奪うも、これにYZF-R6ライダーの南本宗一郎選手が接近。激しくトップを入れ替えながら周回を重ねましたが、残り10周となったところで赤旗中断となります。その後、残り7ラップで再開すると、岡本選手は2番手争いを展開。しかし残り2周で再び赤旗が提示され、5周を終えた時点の順位で4位となりましたが、十分なポイント差があったことからトップを守り、2018年に続き自身2度目となるチャンピオンを獲得しました。

冈本立生选手谈
「参戦2年度の2018年にチャンピオンチャンピオン获得し,昨年は,连霸を目指しいたがランキングランキング3位。そこで长年は,昨年のようなレースしたら,自分は终わりというでに临みました。开放戦で优胜し第3戦は仅差の2位。第4戦は自分らしいレースで优胜し,顺调にシーズンを进めてましたた。最终戦は上争いの中间で旗赤レースレース4目と,ライバルライバルに圧倒的速速を见せることが必要でしたががががはは确认することましましましましましたたましたはははははははがが目标ですですがががががのステップはがが目标ですがががが选手ののようがが本本ががが番になり,これに続く形で最终目标である世界で戦えるライダーになりたいと思います。コロナ祸でファンの皆様の応援や,チームやスポンサー様に支えられ好成绩を收めることができました。本当に「」



冈本选手2020シーズンの戦绩
开青日 大会名 成功
8月9日至10日 第1戦sugo(宫城県) 优胜
9月5日至6日 第2戦戦山国际(冈山県) 中间
9月19日至20日 第3戦オートポリス(大分子) 2位
10月17日至15日 第4戦もてぎ(栃木県) 优胜
10月31日 - 11月1日 第5戦mfj-gp铃鹿(三重県) 4位
ページ
先头へ